読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憧憬接近

頭のなかで考えたことを、文字にするだけのブログ

就活日記④

いつの間にか前回の記事から10日位経ってた。
就活はなんだかんだで忙しい。

4/1・4/2・4/3
週明けに提出するES類の準備をしていた。
D社に一次面接用の書類。
K社とJ社の応募書類。
なんとかギリギリで仕上げて郵便窓口に持ってった。

4/4
この日は翌日から始まる面接の準備などをした。
どういうことが聞かれるのか、ネットで情報を収集しつつ、回答を考える。
とはいえ、結局はその場で聞かれた時に、頭を回して回答するしかないように思う。
とりあえず書いたESを読み込んで、翌日に備えた。

4/5
午前はP社の1次面接・小論文試験。
面接は技術の部門長や本部長などだった。
事務の方に「強面ですけど、ハキハキと答えてがんばってください」と言われた。
雰囲気は普通。性格検査で内向性が高いと出たため、かなり突っ込まれた。
まあ性格は簡単に変えられるものではない。
こういう姿勢で臨むことが大切なのではないかと無難な回答をしておいた。
テストセンターでやった検査の成績は非常によく、トップだったらしい。
あまり採用には関係なさそうだったが。
とりあえず全ての問題を解くことを心がけたのが良かったのだろう。
といっても、最後の5問くらいは間に合わなかったのだが。
小論文試験は、緊急時の対応についての問題。
ある状況下において同行動すべきか論理的に説明せよという問題で、面白かった。

午後はO社の1次面接。グループ面接だった。
グループ面接で困るのは、一緒になった学生のこと。
出来が良い学生が多いと自信をなくす。
今回の場合、一緒になった学生が話が下手で、一人は早口になってたり、一人は言葉が切れ切れになって頭に入ってこない学生だった。
緊張しているのか、そういう喋り方なのか知らないけれど。吃音という感じではない。
これが学生の標準レベルなのかとも思ったが、後日別の会社のグループワークでの発表を見る限り、これはかなりひどい例だと感じた。

その後、電車に乗ってる際にE社から電話があり、折り返すよう伝えて切ったが、伊佐駅について折り返してみるとびっくり。ノー残業デーで留守電対応になっていた。
メールでとりあえず翌日連絡する旨を伝えておく。

CF社からES通過の連絡がきたが、とりあえず放置。

4/6
午前中、CF社から催促のメールが来た。
昨日の夕方に来た連絡にしては、しつこいと感じたが、駒を減らしたくはないのでとりあえず選考に参加する旨を伝えた。

その後E社に再度連絡。面接に来ていただきたいということで、日程の調整をした。

その後、CD社の面接。
とりあえず自己PRをして、その後面接官から質問という形式。
聞かれたのは海外業務についてや、仕事と自分の時間のどっちが大切と考えるかという質問。
僕はワーク・ライフ・バランスという考え方にあまり共感していないので、そういうことを話したが、微妙な感じ。
でも一次は通った。

午後はT社の説明会。
ナレッジマネジメントについて高度なシステムを構築していて、中堅だったらここが良いなと感じた。

夕方からは研究室で飲み会。体調を崩した友人の介抱をし、もらいゲロしそうになった。

4/7
ESなどを書いたりした。
午後、CD社から面接通過と次回面接の連絡があったので、日程の予約をしておいた。

4/8
サークルの新歓勧誘を手伝った。多分人があまり入ってこないなという感じはした。

4/9
翌日からまた始まる面接の準備をした。

4/10
午前中はM社の試験。
グループワークと小論文試験であった。
グループワークは今後どう会社で働いていくかについて、社会問題と絡めて発表してくださいというようなもの。正直、一番不出来だった気がする。
小論文はそれについて個人の意見を記述してくださいというもので、ここで挽回したつもり。
最後に出口面接ではないが、交通費精算のついでに志望順位を聞かれた。当然1位ですと回答したが、本当ですかぁ?と冗談まじりに返される。この会社に限らないとは思うが、最初から信じてないなら聞かないでいただきたい。お互いつまらない化かしあいをしてるようなものだ。

午後はY社の面接であった。
人事1、志望分野の中堅以上4、学生1と、珍しく面接官の多い面接であった。
最初は人事から他社の選考状況なども含めた基本的な情報の確認。
その後、面接官からの質問という形であった。
ESや作文についての質問が多く、答えやすかったように思う。
ストレス解消法について聞かれたのは印象的であった。ストレス耐性をおそらく見ているのだろう。

夜、自宅に変えると、CC社からお祈り文書が来ていた。
記念すべき初お祈りである。志望順位は低かったが、抑えと考えているところに落とされてしまったのは少し残念。志望度の低さが滲みでていたのだろうか。