憧憬接近

頭のなかで考えたことを、文字にするだけのブログ

就活日記①

さすがに実名や業界は出せないが、備忘録的なのも兼ねて

とりあえず今までの就活を振り返る

<年明けから>
インターンシップも行かなければ(落ちた)、会社説明会等にも行ってなかったが、成人の日あたりにあったマイナビのイベントに参加。
まあ、適当に回るだけではあるんだけど、いろんな会社の話を簡単に聞いて回れるというのはメリットか。
よく合同説明会は行く意味が無いという人がいるが、全く意味が無いということはないと思う。
まあ人によるか。

<3月から>
就活スタート。なお企業によってはすでにエントリーを締め切ってるところもあるので、3月に就活解禁という言葉に騙されてはいけない。
行きたい企業があるならちゃんとリサーチすべき。これはインターンシップも同様だが。

3月第1週 会社説明会祭り。合説も行ったし、学内説明会も行った。
3/6 Y社のESを郵送。7日が締め切りって早くね。
3/7 あまり興味のない業界のセミナーに行く。でも面白かった。
3/8 医学部目指して3浪していたけど、やっと合格を勝ち取った友人を焼肉に連れて行く。なお受かったのは歯学部。
3/10 P社のESをWebで出す。
3/13 大学のキャリアセンターでハロワから派遣された人にESを見てもらう。
3/15 T社の筆記試験を受ける。3Eテストという謎テスト。真面目に解いてたら時間がなくなるの巻。ついでにES・履歴書も出す。
3/17 O社のESを出す。Y社とP社のES通過連絡が来る。
3/18 M社のESを出す。
3/19 N社の筆記試験を受ける。SCOAの問題量に苦しむ。専門試験は案外解けた。
3/22 E社のESを出す。P社の適性検査で初めてテストセンターに行く。同じSCOAでもテストセンターの方が計算問題はやりづらく、時間がかかってしまった。
3/24 D社のESを出す。その日のうちに受領メールが来る。Y社の筆記試験を受ける。適性検査と小論文だったが、その日のうちに通過連絡が来る。空欄でもない限り、全員通過してるのだろう。

と、今までの3週間ちょいを振り返るとこんな感じ。平日は基本的に会社説明会へ行くか、試験を受けるか。お金が飛んで行く。
首都圏在住だからいいが、遠方の人は大変そう。現地就職や院進でも目指さない限り、大学は東京圏か関西圏にしておいたほうが良いと感じる。

友人の中には内定もらってる人もいれば、面接受けまくってる人もいるので、早いところはほんと早い。僕が志望する業界も早い方だとは思うけど。

とりあえず20社位受ける予定。どこか1社でも引っかかってくれって感じ。やれやれ。