読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憧憬接近

頭のなかで考えたことを、文字にするだけのブログ

2016夏アニメ 雑感

もう10月番も2話目に入ってる作品がある中で、忘れないうちに夏アニメの雑感を。

一応、備忘録も兼ねているので評価をつけておきます。S-A-B-C-D-(-)の5段階+α。最後のハイフンは早々に切っちゃった作品なので評価不能ということで。別にDの下ってわけじゃないけど、少なくとも単位は上げませんって感じです。
今期は11作品完走しました。少ないかな? 継続中(レガリア)のも含めると、12作品ですが。

以下、評価の低い順に簡単な感想を。

(-)

Rewrite

Key作品なので、多分世間の評価は高かったと思うのだけど、1話を乗り切ることが出来ず視聴中断。躓くようなシーンが有ったわけじゃないのに切っちゃったってのは、単純に興味がわかなかったのだと思う。機会があれば、また見ることもあるだろう。

チア男子!!

直木賞作家、朝井リョウ・原作の作品。これも1話を乗り切れず。スポ根系が苦手なのかな。そういうわけでもないか。

はんだくん

これは端的に言ってばらかもんにあるような、ちょっとごちゃごちゃしてるんだけど、ほんのり心が温まるようなエピソードを期待していた僕が浅はかだったなと。

D

クオリディア・コード

作画がひどかったなあ。年に1作出るかどうかレベルの作画の酷さ。OPの作画はどこから来たのか。
作画だけじゃなくて、話もそんなに面白くはない。今を時めく(?)ラノベ作家が集まってこんなものかと思うと少しさみしい感じもする。薄っぺらいんだよね。

C

orange

最後まで見たけど、やっぱり主人公とヒロインが少し頭悪すぎないって思ってしまう。どっちもベタ惚れしてるからあんな感じでもつながっていられるんだろうけど、そんなべた惚れするようなエピソードってあったっけみたいな。

タブー・タトゥー

キャラデザとかアクションの作画とかは良かったなって印象。ただストーリーが微妙だった。凡作。

バッテリー

監督が望月智充で少し期待してたんだけど、やっぱり微妙だった。EDは中村亮介でしたね。分かりやすい。
作画とかは別段悪くなかったと思うし、野球描写については期待してなかったので良いんだけど、話がう~んという感じ。原作の問題かな。

B

ReLIFE

正直あまり記憶に残っていないけれど、滞りなく見れた作品。一応空気系の延長と言うか、ラブコメを薄めた感じというか、そんな感覚で見てた。
EDは懐かしいなあって思いつつ聞いてた。年がバレるか。

甘々と稲妻

料理する空気系。料理の作画にくどさがなく、美味しそうだなって思いながら見てた。
教師と生徒という関係柄なんだけど、学校では校舎の壁越しに話したりして、上手いこと変な噂など立たないようにしているのが、面白くて良いなあって思ってました。これは原作が妙なのかな。

天鏡のアルデラミン

マッドハウスなので当たるかなと思ったら、逸れて7点、みたいな作品。主人公のキャラが好かないのかなあ。あとEDの人はもうちょっと上手くなって欲しい。期待しているので。
あとキャラデザがなあ。原作準拠かと思ったらそうでも無さそうだし。

NEW GAME!

個人的にここのところの動画工房はあまり良くなかった印象だったので心配だったけど、今作は作画も持ったし、良い頃の動画工房に戻ったなあという印象。
作画は良かったけど、後はあまり印象に残らなかったかな。でも何度も見たくなる感じはあったので、この位置。
多分ぞいがあったから、こんなに早くアニメ化出来たと思うけど、あれがなくとも数年以内にはアニメ化してたろうな。

この美術部には問題がある!

珍しく1巻から原作を買ってる作品。原作が中々秀逸なので、好きな作品だったのだけど、その雰囲気がきれいにアニメ化されてる感じ。
原作でも感じたヒロインのパジャマ姿のフェティッシュな感じとか。
これもそんなに印象に残るものがあったわけじゃないけれど、原作好き補正もあってこの位置。

A

Re:ゼロから始める異世界生活

この作品、最初はノーマークだったんですが、あまりの盛り上がりっぷりにアテられて見た次第。
いくつか良い点はあるんだけど、まずは飽きが来ないところかな。僕の場合後から追っかけてるので、毎週待ってたわけじゃないけれど、つまらなかったら見れないしね。
作品のテーマも分かりやすいし、ダメダメな主人公を支えるヒロインの存在も良し。18話とか良かったよね。これは原作の功だけど。
あとはMYTH&ROIDの主題歌も良かったな。Stay Aliveとかも勿論良いしね。作画も一貫して安定してた印象。作画が売りってわけでもないんだろうけど、アクションを描く以上、苦労は多いと思われるので、ここはプラス。

planetarian

これはいい作品だったなあ。
童話的というか、儚いんだけど、夢があって、未来がある感じ。こういう作品が好きなのだけど、なかなか無いので、見るとやっぱりジーンとくる。
かなり小さい範囲で話は進んでいって、終わりもこじんまりとしたものだけれど、それがまた童話っぽい感じ。
ノスタルジーというか、憧憬のようなものを抱かされる感じな作品で、年に数回はこんな感じのアニメを見たいなって思う。少し贅沢か。

S

該当なし。まあこれは本当に良かったなって思える作品しか入らないので、仕方ない。