憧憬接近

頭のなかで考えたことを、文字にするだけのブログ

9/1 楽天vs.日本ハム 観戦記録

スポーツは特に隔て無くいろいろと見るのだが、野球に関してはここ数年、楽天ファンを続けている。

思えばもう3年位前になるが、リーグ優勝した時もその場に立ち会っていた。残念ながらそれ以降、楽天はBクラスをさまよい続けているのだが、それでも年に数回程度は現地で観戦するようにしている。

今日はバイトも休みだったので、東京ドームでやる日本ハム主催試合を見に行くことにした。

打たれる投手、続かない打線

結果は0-8で敗北。先発の美馬、敗戦処理の小野(初めて聞いた)ともにポカスカ打たれ、あれよあれよと8点も取られてしまった。ここで1点差にでも迫っておけば、まだルーズベルトゲームになったねなんてネタにも出来るのだが、打線は7本のヒットを活かすことが出来ず、増井の前に沈黙してしまった。

楽天が非常に調子がよく、日ハムの調子が悪かった昨日・一昨日と、ちょうど真逆な感じである。

もっとも楽天ファンなんていうのは、悟りを開いたものが多く、これくらいの敗北ではなんの感慨もわかないものである。そもそも日ハムに勝ち越せただけで凄いことである。

チョッQR

日ハムの提供している入場サービスで、購入後にQRコードを発行し、そのQRコードを端末で読み取ることで、モギリの代わりとするもの。東京ドームでは簡易端末で読み取ってるのか、すこぶる調子が悪い。僕は開場15分後くらいに人の少ないビジター側から入ったので、待つことも待たせることも無く済んだ(ただ、20秒位はかかったと思う)が、ホーム側の人達は大変だったのではないだろうか。と、お節介的な心配をしてしまう。

今年の観戦試合を振り返ると

去年までの数年間で、楽天の試合には4,5回ほど見に行ったことがあったが、どんな劣勢でも必ず勝っていた。それが今年はどうだ。3月のロッテ戦、4月のオリックス戦、6月のロッテ戦、そして今回の日ハム戦。今年見に行った試合はすべて敗北を喫している。もう今年は見に行くのをやめようかと思いつつ、千葉ロッテの平日限定指定席引換券が2枚も残っているので、見に行かざるをえない。無駄にはしたくないし。

残りのシーズン

楽天はまだ3位を狙いに行ってると思っているが、どうだろうか。今日でまた自力CSは消えただろうし、ロッテが落ちてこなければ、上がることも出来ない。CSは無理でも、残りの26試合を17勝9敗で行けば借金返済できる。今日勝てるようなら目もあったかもしれないけど、いくら上位いじめの得意な楽天といえど、難しいだろうか。