読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憧憬接近

頭のなかで考えたことを、文字にするだけのブログ

映画館はいつからシネマ・コンプレックスになったのか

 明日、久しぶりに映画館に映画を見に行くことにした。学生になってからは初めてなので、おそらく5年ぶりとかだろうか。

 作品の事自体は見た後に書くとして、今住んでいるところから一番近い映画館は、最寄り駅から電車で10分ほどいった駅の前にあるショッピングモールに併設されたシネマコンプレックスである。

 シネマコンプレックス [7] 【cinema complex】
入場券売り場や売店などを共有する複数の映画館が集合している施設。複合型映画館。シネ-プレックス。シネコン

 思えば、以前に住んでいた街には映画館がいくつもあったが、シネマコンプレックスのようなものは無かった。上に挙げたような施設もその中にはあったが、古びた昔ながらの映画館で、客足もまばらだった。飲食物で稼ごうとも、ラグジュアリーな空間を演出することもなく、ニッチでコアな映画ファンには愛されていたが、結局数年前に潰れてしまった。

  僕が初めてシネマコンプレックスという言葉を認識したのは、小学校の頃、豊洲にあるシネコンへ行った時だった。別に見たい作品があったわけでもなく、そして結局何かを見ることもなく通り過ぎただけだったが、映画館というワードに対して持っていたイメージとのギャップのせいで、その時の光景は鮮明に残っている。

 日本で純粋な意味のシネマコンプレックスが増えたのは、1990年代後半くらいからだそうだ。いまや日本にあるスクリーンの多くが、どこかのシネマコンプレックスのスクリーンである。

 

 別にゴキブリが蠢く昭和の映画館が好きなわけではない。ニッチでコアな映画ファンには愛されている映画館だって、彼らにとっては居心地が良いかもしれないが、一般人には居心地が良くないということである。映画市場が縮小する中、淘汰されるのは必然だろう。それにコンパクトに纏まってたほうがコストも少なくて済むだろう。

 

 ただ、シネマコンプレックスと映画館はやっぱり別の言葉だと、僕は思い続けている。